« トロピックサンダー/史上最低の作戦 確かに史上最低かも(笑) | トップページ | チョコレート・ファイター 可憐な少女の超絶アクション! »

ベンジャミンバトン 賛否両論?

icon icon

先週、前から気になっていた
ベンジャミン・バトン-数奇な人生-を
見に行ってきましたmovie

新宿ピカデリー、夕方の回を見に行ったんだけど
まずは混み具合にビックリ!coldsweats02

いわゆるシネコンでロビーが3階にしかなくて
飲食物もここでしか売ってないから
いつも確かに混んでるんだけど

平日の昼間にもかかわらず、なんじゃコリャって感じsweat01
あ、もうひとつ理由があった!

各会場には10分前まで入場できないのです。
ここは早めに行ってチケット買って
どっかでブラブラ時間つぶしてから行くのが正解だねgawk

おくりびと」に2つもスクリーンが使われてて
さすがのアカデミー効果だわ~と思いましたeye

さて本題

あらすじ

80歳で生まれ、年を取るごとに若返っていく男の物語。

第一次世界大戦末期の1918年ニューオリンズで始まり、
21世紀へと続く彼の人生は、たとえようもないほど不思議なもの。
”普通”とは言い難い彼は、出逢った人々や場所を心に刻み、
愛と出逢い、失い、

生の喜びと死の悲しみに震えながら、壮大な旅を続ける。

生まれてすぐに捨てられたベンジャミンに
無償の愛をくれた育ての母。仕事をくれた船長。
初めての恋。自分を捨てた実の父との出逢い。。。

ベンジャミンは自分に与えられた様々な機会をすべて受け入れ、
そこで出逢った人々と深くかかわっていくことに、

生きる意味を見出していく。

そんな数え切れない出逢いと分かれの中で、
ベンジャミンの人生を大きく変えたのは、

生涯想い続けた女性 デイジー。
互いに求め合いながらも、

別々の時の流れを生きなければならない二人。

人生のちょうど真ん中で、やっとほぼ同じ年齢になった二人は、
互いを慈しむように強く優しく愛し合う。しかし。。。
-----------------------------

かなり長文になっちゃったのと
ネタばれ有なので、
感想などは続きから

おつきあいいただけたら嬉しいですhappy01

私的には、面白かったですconfident
面白いはちょっと語弊があるか。。。良かったですheart
でもどう勧めていいのかがわからない(笑)

なんていうのかな~、
お話はベンジャミンの日記を読んでいくことによって
彼の過ごした人生が淡々と綴られていくんです。

生まれた時の境遇としてはとても不遇なんだけど
優しい女性に拾われ、愛情を注がれて
幸せな時も結構あるし、

確かに戦争に行ったりとか
普通ではないようなこともあるんだけど

老人として生まれたっていうのは
多少はあるんだけど、そんなにハンデではないし

でもなんか、その淡々とした話を見終わった後に
こう、こみ上げてくるものがあって
ああ、いいものを見たなって感じweep

説明しずらい&人を選ぶ作品ではないかと思います。
なんじゃ、こりゃ?!っていう人もいるでしょうthink

長い映画なのでこれから観ようって人は
ちゃんとトイレtoiletに行って、
ガブガブ飲まないでbeer観て下さい(笑)

プログラム高いッスbearing

年を取って生まれてこようと
普通に生まれてこようと
最後は結局同じ。

だからその時、出逢った人、経験などを
もっと大切にしよう、生きようみたいな
メッセージが込められてたんじゃないかな、と。

あたしはそう感じましたconfident

それを感じたのは、
ベンジャミンが姿は10歳ぐらいなんだけど

実際は老人性痴呆症が始まってて記憶がなくて
施設に保護されたところから、
そこからも彼はどんどん若返っていって。。。

最後は赤ちゃんになって
静かにデイジーの腕の中で
息を引き取る一連のシーン。

皆が皆痴呆になるわけではないんだけど
自分もそうなる可能性があるわけで

誰かとかかわりがなければ生きていけないっ
ていうのも感じたかな。

まあ、ありがちっちゃありがちなんですけどねcoldsweats01

それをきれいな映像と美しい音楽で
雰囲気のあるあの年代が舞台で丁寧に作っていてshine
美術賞を受賞したのはとても頷けましたconfident

ベンジャミンバトンオフィシャルサイト

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版
icon

|

« トロピックサンダー/史上最低の作戦 確かに史上最低かも(笑) | トップページ | チョコレート・ファイター 可憐な少女の超絶アクション! »

ラブストーリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195319/31781814

この記事へのトラックバック一覧です: ベンジャミンバトン 賛否両論?:

« トロピックサンダー/史上最低の作戦 確かに史上最低かも(笑) | トップページ | チョコレート・ファイター 可憐な少女の超絶アクション! »