« チョコレート・ファイター 可憐な少女の超絶アクション! | トップページ | レッドクリフ パート2 »

チェイサー

icon icon

GOEMONを観ようかと思ってたんですが、

レビューを見て面白そうだと思ったチェイサーに変更。

自身初の映画館での韓国映画の鑑賞になりました。

あらすじ

デリヘルを経営する元刑事ジュンホ(キム・ユンソク)。
最近、派遣しようにも女達と連絡がつかない。
誰かが女を売り飛ばしているのではないか。。。

不審に思ったジュンホは女のひとりが残した

携帯電話の着信履歴から、
客の男ヨンミン(ハ・ジョンウ)に辿り着く。

ジュンホは偶然遭遇したヨンミンを捕まえるが、
警察に見咎められ2人とも拘束される。
警察でのヨンミンの「女たちを殺した。」

という自供でヨンミンは拘留されるが、
証拠不十分で釈放になってしまう。

最初は「殺した」というヨンミンの自白を

嘘だと思っていたジュンホも
事件を追跡(チェイス)していく中で殺人を確信していくのだった。

そして衝撃の結末が。。。

この作品は2003年9月から

2004年7月までの10ヶ月間に21人を殺害した
韓国の連続殺人鬼ユ・ヨンチョルの事件
http://www.tv-asahi.co.jp/hst_2006/contents/special/041220.html
を元に独自の犯人像を作り上げたものだそうです。
監督はナ・ホンジン。長編映画は初。

ハリウッドでのリメイクも既に決定してます、

主演はレオナルド・ディカプリオ
2人の主人公の内のどちらかはわかりませんが、
ハリウッド版はどういった感じになるんでしょうねぇ

R−15指定です。

殺人鬼の話なので当然エグいし、グロいし、血みどろです
はっきりいってほとんど救いがありません。

一度観れば充分です、でも面白かったです!

以下ネタバレ

韓国警察はダメダメで本っ当にイライラしっぱなしです。
証拠品は元刑事が持ってて現場も特定できないし、
二度も証拠不十分で釈放されてたっていうのは真実なんだそうで、
最悪ですね。。。
あのマヌケな描き方は批判が相当込められているようです。

古典的なんだけどあのニアミス、ニアミスの連続が
イライラするんだけど引き込まれるっていう。
もう連続殺人犯だとわかっているのに

捕まえられないって、キーーーーー

はっきりいって主人公のジュンホは

野蛮で横柄で嫌いなタイプだけど(笑)
しっかりしろよ!とか違うだろ〜とか手に汗握ってしまうのは、
ストーリーに取り込まれちゃってますね(*^^*)

他の方もレビューで言ってるように確かに救いはまったく無い!
せっかく脱出できたヒロインのミジンが

結局あんな目にあってしまったことは
やりきれなさMAXですけど、

プログラムを読むとやっぱり意図的な演出だったことがわかります。
本当にあの雑貨屋のおばちゃんの浅はかさったら。。。
留守番電話に残ったミジンのメッセージが

更にジュンホを打ちのめすのがまた

あと刑事の尾行、下手すぎでしょ

ひとつだけ訳がわからなかったのは

ミジンの娘が倒れていたところ、
プログラムには事故にあったって書いてあるけど

すごくわかりにくい。。。

そこだけちょっと???って感じでしたけど、
殺人鬼とかアンハッピーは絶対嫌!

っていう人以外にはオススメですgood

映画「チェイサー」公式サイト

チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]

|

« チョコレート・ファイター 可憐な少女の超絶アクション! | トップページ | レッドクリフ パート2 »

サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195319/31619668

この記事へのトラックバック一覧です: チェイサー:

« チョコレート・ファイター 可憐な少女の超絶アクション! | トップページ | レッドクリフ パート2 »