« ボルト 夏休みのディズニーアニメ | トップページ | おくりびと »

クヌート ホッキョクグマのクヌートが映画になりました♪

icon icon

今月2本目の試写会は、7/25(土)公開の 「クヌート」です♪

内容は、

「クヌート」は、ベルリン動物園で生まれた

ホッキョクグマの赤ちゃん
母グマに育児放棄され、世界でも例の少ない

人工哺育で育てられています。

人工哺育の是非の論争などを巻き起こしたり、
絶滅危惧種であるホッキョクグマのシンボルとして

環境保護大使に任命されたり等、
世界中から注目が集まる中でも、クヌートはどこふく風。

飼育係の トーマス や仲間達の愛情をたっぷり受けながら

スクスクと成長していきます

そんなクヌートの誕生から成長していくさまを軸に、

野生のホッキョクグマの親子。
更に、ベラルーシの森で母熊を亡くしながらも

たくましく生きるヒグマの兄妹、
と3つのシチュエーションを捉えたドキュメンタリー映画です。


これも日本版でした、ていうかナレーション以外

セリフとかはないんですけどね。
とにかく クヌート がかわいいこと
あんなに懐かれたらメロメロです〜

ああいうときだけ飼育係になりたいよ〜無理だけど。

北極の子熊もヤバイです!動くぬいぐるみだ〜

ベラルーシの子熊は結構でかいです、もうクマです。
でも仕草はかわいいけど。二匹でじゃれあう姿に萌え

で、まあ肝心の内容はというと。。。

う〜ん、わざわざ映画でやるほどのものではない、

と個人的には思いました

ハンカチ必須なような売り文句がチラシなどには書いてあるから、
そういう感じの内容なのかな?と思って見に行ったけど、
まあドキュメンタリーだし、

そうそうドラマチックな展開があるわけでもなく

坦々と進んで行きます

あとクヌート、北極の親子グマ、

ベラルーシの兄妹グマと3つのシーンが
細切れに次々と紹介されていくから散漫な印象を受けた。

クヌートの映画なんだったら、もっとクヌートを前面に押し出して
掘り下げて映像を作っていけばいいのに。。。
映像が足りないから繋げたのかいな?って感じちゃったわ。

DEEP BLUE」や「アース」と比べてはいけないね。

それと、ナレーションはなんで フミヤ にしたのかなぁ?
一つの売りみたいだけど、なんだかなぁ

この映画ナレーション多いんだから

ちゃんとプロのナレーターか
最低でも馴れた俳優を起用するべきだったんじゃないか、

と思います
決してフミヤが嫌いなわけではないので、念のため

まあかわいい動物が見られれば満足

って人にはオススメします(^^)

映画「クヌート」公式サイト

|

« ボルト 夏休みのディズニーアニメ | トップページ | おくりびと »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195319/31619636

この記事へのトラックバック一覧です: クヌート ホッキョクグマのクヌートが映画になりました♪:

« ボルト 夏休みのディズニーアニメ | トップページ | おくりびと »