« 2009年7月30日 | トップページ | 2009年10月1日 »

8月のシンフォニー

あらすじ

たった1人の家族である母との夢「歌手になる」

という約束をはたすため、
福岡から単身上京してきた少女「アイ」。

何度も挫折しそうになりながらも
彼女は、「路上ライブを1000回やる」という一つの目標を決めた。

そんなある日、雨で歌う場所を移したアイは

渋谷の地下街で歌い始める。

そこへ、たまたま地下街を歩いてきた青年社長は、
ふと聞こえてきた歌声に思わず引き寄せられ、
「何かあったら連絡してくれ。」と
名刺をアイに渡すのだった。

その後青年社長と学生達は、

路上ライブのサポートを買ってでることになった。

彼らの献身的なサポートもあり、アイの路上ライブは
沢山の通行人が足を止める人気のライブとなる。

そんな折、渋谷公会堂を目にしたアイは、

この音楽ホールで歌いたい、と
単身、責任者に頼みに行くのだった。

順調に音楽活動を続けるアイ。
しかしそのころ、福岡の母が、
無理をして東京に仕送りを続け、ついに病に倒れてしまう。。。


シンガーソングライター、川嶋あいの自伝「最後の言葉」を
原作にした実話に基づく長編アニメーション映画です。
泣けるエピソードてんこ盛りの感動もの。

良質のアニメ映画ではあります。
人柄や歌声、周りをひきつけるひたむきさなどは伝わってきました。

人との出会いやお母さんとのエピソード、
夢を実現するために行動していくことの大切さや
周りに支えられている、ということに気づくこと。

など、親子で見るのにいいかもしれません、

興味のある方はコチラ→8月のシンフォニー公式HP

続きを読む "8月のシンフォニー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月30日 | トップページ | 2009年10月1日 »