« 8月のシンフォニー | トップページ | わたし出すわ 現代のおとぎ話? »

TAJOMARU

icon icon

もう封切りされてから大分たっちゃいましたが、
「TAJOMARU」
の試写会にいってきました

あらすじ

名門畠山家の次男・直光(小栗旬)は、
幼少の頃家に盗みに入り捕まった少年を助け、
桜丸(田中圭)と名付け家臣とし、長男の信綱(池内博之)、
大納言の娘である幼馴染の阿古姫(柴本幸)と共に成長した。

彼らが成人して間もなく大納言が死去する。
長男・信綱は畠山家を継ぐはずだったが、突如将軍・足利義政が
「阿古姫と婚姻を結び大納言家の財産を受け継いだ者を

管領に就かせる」と宣言。

信綱をそそのかした桜丸の陰謀により畠山家を追われた直光は、
阿古姫と共に追っ手から逃れるため山中へ逃げ込む。
そんな二人の前に現れたのは大盗賊・多襄丸(松方弘樹)。

掴み掛かる直光をものともせず、

多襄丸に倒された直光は意識を失う。
目覚めた直光が見たのは多襄丸に乱暴された様子の阿古姫だった!

気遣う直光に阿古姫は、全て直光が原因だと憎悪をぶつけ、
多襄丸に「あの男を殺して!」と言い放ち去っていく。

立ち去る阿古姫に呆然とする直光を多襄丸は哀れんで助けるが、
直光は、そんな多襄丸を刺してしまう。
茫然自失の直光に死に逝く多襄丸は、彼の名と剣を受け継ぐように、
と託すのであった。

新生・ 多襄丸の誕生である。
ここから新生・多襄丸の数奇な人生が始まる。


芥川龍之介の小説「藪の中」を原作にし、登場人物の1人、

盗賊・多襄丸を主人公にしたオリジナルストーリーです。

キャストは 小栗旬、田中圭、池内博之、萩原健一、と
非常に豪華です

正直言って、藪の中を読んだことがないので
ホントにこんな話なのかわかりませんが。。。

ぶっちゃけ、「なんだかな〜」って感じのお話です。
主人公がぜ〜んぜんかっこよくない(笑)

キャッチフレーズの
・絶対、女を捨てない
・己を曲げない
・どこまでも自由

には正直言って首をかしげちゃうな。

まあ、アクションもあるし面白いといえなくもないんだけど。。。
話的にはちょっとイマイチ

脇役陣はいいですよ〜
萩原健一、松方弘樹、近藤正臣などのベテラン勢は
さすが!の存在感

小栗旬の演技が悪いわけじゃなくて、
あれは人物像がダメなんだろうな

この映画、小栗旬のファンは楽しいのかな?

あ、あとヒロインの柴本幸は
「ホラーかよっ!!!
ていうぐらいおっかなくて必見です(笑)
好きなタイプのヒロイン像じゃないけどね。

てなわけであたしはもう見ないでしょう。
でも逆にどんな話なのか原作は気になっちゃったわ

映画「TAJOMARU」オフィシャルサイト

TAJOMARU (小栗旬 主演) [DVD]

|

« 8月のシンフォニー | トップページ | わたし出すわ 現代のおとぎ話? »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195319/31619547

この記事へのトラックバック一覧です: TAJOMARU:

« 8月のシンフォニー | トップページ | わたし出すわ 現代のおとぎ話? »