ラブストーリー

そんな彼なら捨てちゃえば? 王道ガールズトークムービー 

icon icon

カテゴリーはラブストーリーにしてるけど、まあ「ラブコメ」です。
これも試写会で見たんだけど、タイミングを逃して大分遅くなっちゃったsweat01

あらすじ

同じ会社に勤めるジジ(ジニファー・グッドウィン)
ジャニーン(ジェニファー・コネリー)
ベス(ジェニファー・アニストン)の3人は、
互いのプライベートも相談し合う仲よし3人組note

何度失恋しても前向きなジジは、
今度はジャニーンが紹介したコナー(ケビン・コノリー)に一目ぼれlovely
しかし、初デートの後彼からの連絡はナシ。
ジジは待ち伏しようと訪れた、
コナーの行き着けの店の経営者であり
友人のアレックス(ジャスティン・ロング)に、
自分のカン違いを指摘され、ショックを受ける。
男の行動を自分に都合よく解釈していたことに気付いたジジの変化は、
ベスにも影響を与える。

彼女は、恋人のニール(ベン・アフレック)と同棲7年目。
いつか結婚できると期待してきたが、
ニールに結婚する気がないことを知り、別れを宣言する。

学生時代に恋人と結婚、今はリフォームに夢中、
と問題のない生活を送っていたはずのジャニーンも、
夫ベン(ブラッドリー・クーパー)の「嘘」に気付き。。。

同じ会社に勤める3人のヒロインを軸に、
20から30代の男女の恋愛模様を描いていく
ガールズ・トーク・ムービーnote

自分だけは相手にとって「例外」と信じて疑わない、
世の全ての男女に送る
女のカン違いと男のホンネに迫った画期的なラブストーリーですwink

------------------------------
大ヒットテレビドラマシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」の
脚本スタッフによる同名ベストセラーを映画化したラブコメディ。

ベン・アフレックジェニファー・アニストン
ドリュー・バリモアスカーレット・ヨハンソン といった豪華キャストにも注目!

ドリュー・バリモアは、製作総指揮も担当note

続きを読む "そんな彼なら捨てちゃえば? 王道ガールズトークムービー "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きみがぼくを見つけた日 時空を超えた恋

icon icon

試写会に行って来ましたhappy01

あらすじ

ヘンリー(エリック・バナ)は時空をさまよう男。

自分の意思に関係なく、現在、過去、未来を瞬間移動する。

それは、誰にも信じてもらえない、秘密を抱えた孤独な人生。

ある日、旅先の過去で、野原に隠れていた彼を、

ひとりの少女が見つける。

純粋な心を持つ少女は、

「未来から来た」というヘンリーの言葉を信じた。

彼女の名前はクレア。

この瞬間から2人の特別な愛の物語が始まった。

過去を訪れるたびに、

クレア(レイチェル・マクアダムス)の相談相手となり、

彼女の成長を守り続けるヘンリー。

やがて2人は同じ時代で固く強く結ばれる。

しかし2人が一緒にいられる時間は、あまりにも短かった。

ヘンリーの突然の移動に、何度も引き裂かれる愛の時間。

時空を超える、2人の愛は

過酷な運命に打ち勝つことが出来るのか。。。

-----------------------------

ゴースト/ニューヨークの幻」の脚本を手掛け、

アカデミー賞に輝いたブルース・ジョエル・ルービンが、

映画化するならどうしても脚本を手掛けたいと

思っていた純愛小説のベストセラーをついに映画化。

主人公クレアにレイチェル・マクアダムス

ヘンリーにエリック・バナ

監督は「フライトプラン」のロベルト・シュベンケ。

製作にブラッド・ピット

実はラブストーリーはあんまり興味がないんだけど、

時空を超えるタイムトラベラーとのラブストーリー

ということで興味を持ち、応募しましたhappy01

これもまた不思議な話です、

ヘンリーが、若かったり、おじさんになったりして

ころころ容姿も状況も変わるので

結構真剣に見ないと、途中で混乱するかもsweat02

続きを読む "きみがぼくを見つけた日 時空を超えた恋"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ベンジャミンバトン 賛否両論?

icon icon

先週、前から気になっていた
ベンジャミン・バトン-数奇な人生-を
見に行ってきましたmovie

新宿ピカデリー、夕方の回を見に行ったんだけど
まずは混み具合にビックリ!coldsweats02

いわゆるシネコンでロビーが3階にしかなくて
飲食物もここでしか売ってないから
いつも確かに混んでるんだけど

平日の昼間にもかかわらず、なんじゃコリャって感じsweat01
あ、もうひとつ理由があった!

各会場には10分前まで入場できないのです。
ここは早めに行ってチケット買って
どっかでブラブラ時間つぶしてから行くのが正解だねgawk

おくりびと」に2つもスクリーンが使われてて
さすがのアカデミー効果だわ~と思いましたeye

さて本題

あらすじ

80歳で生まれ、年を取るごとに若返っていく男の物語。

第一次世界大戦末期の1918年ニューオリンズで始まり、
21世紀へと続く彼の人生は、たとえようもないほど不思議なもの。
”普通”とは言い難い彼は、出逢った人々や場所を心に刻み、
愛と出逢い、失い、

生の喜びと死の悲しみに震えながら、壮大な旅を続ける。

生まれてすぐに捨てられたベンジャミンに
無償の愛をくれた育ての母。仕事をくれた船長。
初めての恋。自分を捨てた実の父との出逢い。。。

ベンジャミンは自分に与えられた様々な機会をすべて受け入れ、
そこで出逢った人々と深くかかわっていくことに、

生きる意味を見出していく。

そんな数え切れない出逢いと分かれの中で、
ベンジャミンの人生を大きく変えたのは、

生涯想い続けた女性 デイジー。
互いに求め合いながらも、

別々の時の流れを生きなければならない二人。

人生のちょうど真ん中で、やっとほぼ同じ年齢になった二人は、
互いを慈しむように強く優しく愛し合う。しかし。。。
-----------------------------

かなり長文になっちゃったのと
ネタばれ有なので、
感想などは続きから

おつきあいいただけたら嬉しいですhappy01

続きを読む "ベンジャミンバトン 賛否両論?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)